京都市での建設業許可申請なら京都建設業許可申請サポート

選ばれる理由

 
riyuu
 
この度はホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。
行政書士梶川法務事務所 代表 梶川佐穂子です。

建設業許可を取るメリット

建設業の許可を取るメリットは多々あります。例えば
「高額の工事を受注できる。」
「信用度がアップし営業がしやすくなる。」
「公共工事に参入できる。」等々…
また「元請から許可を取るように言われた。」こんなケースも多く見られます。

なぜ行政書士に頼むのか?

建設業許可は自力で取ることも可能です。特に京都府は審査基準が非常に甘い時期があったため、
自力で簡単に取れる、と思われている方も多いです。
しかし京都でも近年は近隣の府県と同じように厳しくなってきています。
建設業の許可を取る際には多数の書類を用意する必要があります。
また、納税証明書などの公的書類を取ったり、土木事務所に打ち合わせにいくためには
平日の昼間に時間を作らなければならず、その間は事業がストップしてしまいます。
当事務所に任せていただければ、このような時間と労力を全て事業に回すことができます。
面倒な作業はお任せいただいて、事業に専念しませんか?

当事務所が選ばれる理由

初回相談は完全無料です。
初回のご相談では許可を取るために必要な条件の説明と、現在のお客様の状況を確認いたします。
もし現状では許可の要件を満たしていない場合は、
今後どのようにしていけばよいのかのご相談に乗っております。
「許可のことがよく分からないから、とりあえず相談したい。」
そんな場合でもお気軽にご連絡ください。
 

土日のご相談も可能です。
平日お仕事でお忙しい中、相談のためにお仕事をお休みいただいては本末転倒です。
当事務所では土日のご相談も対応しております。
また電話は平日でも夜9時まで受け付けております
(電話に出られない場合もございます。
留守電にお名前・ご連絡先を残してください。折り返させていただきます。)。
 

専門用語は極力使わず、分かりやすい説明をいたします。
迅速・親切・丁寧・笑顔をモットーに、分かりやすい説明をいたします。
 

もし許可がとれなければ、報酬は全額返金いたします。
安心の返金制度をご用意しております。
 

許可を取って終わり、ではありません!充実したサポート体制があります。
建設業許可は取得後も毎年決算変更届を提出したり、5年ごとに更新手続きをしなければなりません。
このような手続きもお任せ下さい。
また個人事業から株式会社への変更や業種の追加、融資のご相談も承っております。
許可取得後も長期に渡り許可を維持していただくため、末永くサポートいたします!
 
少しでも許可取得の可能性を高めるため、あらゆる角度から、粘り強く対応いたします!


Copyright(c) 2015 kensetsu-kyoto.com All Rights Reserved.